豚のテーマパークにある埼玉県の天然温泉 『花鳥風月』

豚のテーマパーク!埼玉種畜牧場『サイボクハム』の中にある天然温泉。『花鳥風月』に行って来たよ!

立ち湯、歩行湯ってみんなは知ってるかな?読んで字の如く。立ち湯とは立ったまま首までつかれるお風呂なんだ。お湯が沢山必要で贅沢な入浴法だからなのか立ち湯、歩行湯のある温泉施設って全国で調べて見てもとっても数が少ないんだよね。もちろん僕も今まで入った事が無かったんだけど、『サイボクハム』にはその立ち湯に入れるという事で今回は立ち湯目当てに埼玉県日高市まで行って来たんだ。そしたらなんと予期せぬトラブルが発生・・。

天然温泉 花鳥風月

花鳥風月は、埼玉県日高市の『サイボクハム』施設内にある天然温泉。その名の通り花鳥風月をテーマにデザイン、演出をされた露天風呂や館内が魅力の温泉施設なんだ。

お風呂は『花鳥の湯』と『風月の湯』2つのゾーンに分かれていて、毎週水曜日ごとに男女のお風呂が入れ替わるシステムなんだ。恋人や夫婦で出かけた場合、趣の異なる風情を互いに楽しむ事が出来るって訳だね。

うん。そうなんだよね。お風呂がそれぞれ違うんだよ。

立ち湯は『花鳥の湯』にしか無く、今週の男湯は『風月の湯』だったので立ち湯は無かったんだよ。完全にやられたよね。(涙)

なので今回は風月の湯を紹介して行くよ!一緒に行ったこのブログのもう一人の執筆者。USAGIはしっかり立ち湯にも入れたのでそちらは後日更新するよ!

風月の湯

立ち湯がない変わりに風月の湯の露天風呂に炭酸泉の『座り湯』『寝湯』があるのが特徴だね。

僕が気にいったのは炭酸泉の『寝湯』で楽な姿勢で半身浴が出来るのが良いね。足を思い切り伸ばしても大丈夫な作りになってるからリラックスして半身浴が出来るんだ。3人までしか露天風呂の寝湯には入れないからきっと週末には常連客達の争奪戦になってる事間違いなしだよ!

それ以外の作りは花鳥の湯とだいたい同じ作りだね。

露天風呂には真ん中に大露天風呂があり、その奥に洞窟湯、そしてその上が空中炭酸泉の湯でちょっと高台にある。他のお風呂を見下ろしながらお風呂に入れるのでなんだか偉くなった気分になれるオススメの湯だ。

屋根がしっかりと露天風呂についているから突然の雨にも安心だね。

室内の湯は普通のお風呂と寝湯、座り湯、ら水風呂、それからテレビが付いたサウナがあります。

シャワーに仕切りが一つのシャワー事についてるのも嬉しいポイント。仕切りのついてない入浴施設だと混んでると隣の人に『水かけられた!冷たい!』とかのトラブルにもなりかねないからね。

その他施設について

花鳥風月の施設の中では、バーコド付きのカギを腕につけて中での買い物はすべてそれで出来るのも嬉しい。

飲み物やお土産、食事もまとめてそのバーコドでして施設から出る時に最後に清算するシステム。だから施設に居る間はお金とか財布を持ち歩かないですむんだ。

これのおかげでお風呂から出た後にロッカーを開けなくてもコーヒー牛乳を買って、腰に手をあてながらグビグビッと飲むことが出来るよ!

他にもさわやか酸素ルームや仮眠室があるよ。仮眠室は女性専用の場所もあるので女性だけで出かけるのもオススメだね!

お土産屋さんには豚のグッズがいっぱい!豚のテーマパークだけあって、館内にも入口の外やまわりにも豚の絵や豚のオブジェがそこら中にあるんだ。

隠れミッキーならぬ、隠れ豚のようにひっそりと壁の模様になってたりするから探してみるのも楽しいかもね。

最後はお食事 おすすめは『一口ひれかつ御前』だ!

二階にある『レストラン花鳥風月』で最後は食事だ!

ヒレカツが本当に柔らかくて美味しい!肉が甘い!一押しメニューだ!

今回は豚のテーマパークにある温泉 花鳥風月の風月の湯を紹介しました!それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

KUMA

新しい刺激を求めてブログに挑戦。モットーは本音で語る事。役立つ情報をわかりやすく、丁寧な記事作成を心がけて日々更新してます。最近ハマっている事は押し入れの中で寝る事。OPENREC.tvでゲームのライブ配信もしてます。スマホから見る場合は"とわちゃん"で検索してください。