間欠泉の見分け方 光と吹き出す高さでキンシャケを探せ!サーモンラン攻略

サーモンランの特殊イベント『キンシャケ探し』の攻略ポイントを初心者にもわかりやすく解説していきます。間欠泉は運ゲーだと思われがちですが、吹き出す噴水の高さと光の強さでキンシャケが隠れている間欠泉を見分ける事が出来ます。スタート開始直後からスタート開始直後からすべての間欠泉を総当たりで開けていくやり方はオススメできません。仲間の開けた間欠泉もよく見ながら出来るだけ少なく数の間欠泉でキンシャケを見つけて、ノルマ達成の確立を上げていきましょう。

『キンシャケ探し』とは?特殊イベント詳細

『キンシャケ探し』とは、間欠泉の中に隠れたキンシャケを探すサーモンランの特殊イベントです。WAVE開始時に空が暗くなり、クマサンがセリフで「海が鳴いている…キンシャケが近くまできているね そこにもきっといるはずだから 探してみてくれ」と教えてくれます。ステージに現れた多数の間欠泉のどれかひとつだけにキンシャケが隠れています。他の間欠泉を開けるとシャケやドスコイなどのザコシャケが大量に中から飛び出してきます。正解の間欠泉を出来るだけ早く見つけて、飛び出してきたキンシャケにインクを当てて金イクラを回収する事が『キンシャケ探し』の目的です。

キンシャケの倒し方 金イクラを出来るだけ多く取得するポイント

正解の間欠泉をあけて現れたキンシャケは、吹き出したインクの上に一定時間残った後に他の間欠泉へと逃げていきます。キンシャケが出現したらカモンで仲間を呼んで全員でキンシャケを攻撃しましょう。キンシャケが他の間欠泉へと逃げだしたら、一人はキンシャケを追いかけて攻撃を続けて、残りの3人はイクラコンテナに金イクラを運ぶ運搬にまわると多くの金イクラを多く取得できます。金イクラを攻撃しつづけるのはチャージャーなどの射程の長い武器か、塗り性能の高い武器が良いです。キンシャケはインクを当て続ければ金イクラを落とし続けますが、攻撃を当て続けるほど移動速度が速くなります。全員で追いかけて攻撃を当て続ければ多くの金イクラを落としますが、結局イクラコンテナに運んでるうちにタマヒロイ(青いモヒカンのシャケ)が金イクラを回収してしまいます。追いかけるにしてもある程度のところで見切りをつけて、運搬にまわったほうが結果的に多くの金イクラをイクラコンテナに運ぶ事が出来ます。

間欠泉の見分け方

キンシャケが隠れている間欠泉見分ける方法は、間欠泉を開けた時に吹き出すインクの高さと光の量がポイントです。間欠泉を撃ってキンシャケが出なくても吹き出すインクの高さと光の量で見分ければ、キンシャケの位置を予想する事が出来ます。上記の画像のような光とインクの高さの場合は、近くの間欠泉にキンシャケが隠れている事はありません。自分の間欠泉だけじゃなく、仲間の開けた間欠泉をよく見て出来るだけ少ない数の間欠泉でキンシャケを見つける事が『キンシャケ探し』でノルマ達成率をあげるためのポイントです。

絶対にやってはいけないのはWAVE開始直後から間欠泉を開けまくる事です。スタート開始地点から総当たりで間欠泉を開けまくると、より多くのザコシャケが場に溢れます。キンシャケが隠れている間欠泉が一番遠い間欠泉だった場合は、金イクラの運搬が困難になるだけではなく、下手をすると全滅するリスクも高くなってしまいます。残り時間が少ない場合などはある程度仕方のない部分もありますが、出来るだけ開ける間欠泉を少なくすれば勝率も上がります。

まとめ

『キンシャケ探し』攻略のポイントです。

  • 当たりの間欠泉はハズレの間欠泉の吹き出す高さと光で見分ける
  • 仲間の開けた間欠泉も良く見て出来るだけ少ない数でキンシャケを見つける
  • 逃げるキンシャケの深追いは厳禁。効率よく運搬して出来るだけ金イクラを回収する

間欠泉を開ける順番は結構難しいですが、イクラコンテナの近くの間欠泉が当たりならば沢山の金イクラを回収できますが、隠れている間欠泉が遠かった場合は金イクラの運搬が難しくなります。残り時間やノルマの数と仲間の動きをよく見て判断していきましょう。

『キンシャケ探し』のルールは少しわかりづらいので、最初に開けた同じ間欠泉をずっと撃ち続けるイカさんたまに見かけます。撃ち続けてもキンシャケが出て来る事はありません。野良だと教えてあげるのは難しいですが、この記事を読んだイカさんは当たりの間欠泉を仲間の為に早く見つけてあげましょう。

 

ABOUTこの記事をかいた人

KUMA

新しい刺激を求めてブログに挑戦。モットーは本音で語る事。役立つ情報をわかりやすく、丁寧な記事作成を心がけて日々更新してます。最近ハマっている事は押し入れの中で寝る事。OPENREC.tvでゲームのライブ配信もしてます。スマホから見る場合は"とわちゃん"で検索してください。