侵入された時に役立つアイテムとテクニック 序盤で残り火を稼ぐ方法【ダークソウル3/六日目】

ダークソウル3の完全版『DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION』の協力プレイ日記六日目。今回は前回の記事の続きから、侵入された時に役立つアイテムとテクニックと、序盤で枯渇しがちな残り火の稼ぎ方についても書いて行くよ!

侵入が苦手な君へ送る 侵入と上手に付き合う考え方 【ダークソウル3/五日目】

2017.04.28

序盤の残り火の稼ぎ方

協力プレイをするのに欠かせないアイテム残り火。火継ぎの祭祀場の侍女から購入出来ますが、購入出来る数には限りがあります。始めてすぐに購入出来る数は3個しか無いので、協力プレイをメインで遊ぶにはちょっと心細いですよね。ステージ内に落ちていたり、雑魚敵を倒していると落としたりもします。ゲームにある程度慣れてきて、最初のボスの灰の審判者・グンダを早く倒せるのならば、新しいキャラを作って残り火を稼ぐのがオススメです。

火継ぎの祭祀場のまわりに二つ残り火が落ちてます。ダンダを倒したソウルで侍女から一つ残り火を買って、合計で三つ手に入れられます。5分くらいで三つ手に入れられるので、敵を倒しながら残り火を狙うよりは早く稼げると思います。

残り火の詳しい場所などは動画を参考にしてくださいね。回収した残り火は他のデーターのキャラに受け渡す事はできませんが、一緒に遊ぶフレンドに渡す事は可能です。アイテム覧から残り火にカーソルを合わせて「その場に置く」を選択。

アイテムをその場に置くと袋に入ったような姿になります。回収してきた残り火は一緒に遊ぶフレンドに全部渡してあげましょう。

協力プレイに役立つアイテム

協力プレイで侵入された時に役立つアイテムの紹介

幼い白枝

アイテム「幼い白枝」を使えばツボや椅子などその場所に相応しい何かに変身する事が出来ます。これを使って隠れて相手を不意打ちしたり出来ます。そのまま隠れ続けていると侵入者が諦めて帰ってしまう事もあるので状況に合わせて使ってみましょう。

不死街で巨人から貰える幼い白枝に注意

不死街で巨人から貰える幼い白枝は巨人との友情の証。これを持っていると不死街で槍を投げてこなくなります。見た目がまったく同じなので紛らわしいのですが、アイテム説明欄を見ると別アイテム扱いになっているのがわかります。二週目以降に持ち越せるので出来れば使わないで取っておくと良いですね。使ってしまった場合ももう一度巨人に話しかければ貰えます。

巨人樹の種

「巨人樹の種」を使うとステージの雑魚敵に侵入者(闇霊)が襲われるようになります。雑魚敵を利用して共闘してきた侵入者に使うと効果的なアイテムです。効果時間45秒と短いのでここぞのタイミングで使って、一気に勝負をしかけましょう。

祭祀場の入口を入ってすぐ右の階段を上がり。右から外にでると目の前に大きな木があります。木の根元を調べると「巨人樹の種」が入手できます。他のアイテムの様に光ってはいないので注意です。根元に近づくと調べるボタンが出るので、そこを調べれば入手できます。一度入手した後は、何度か侵入された後に調べるとまた入手できます。

暗い偽りの指輪

この指輪はつけると協力プレイでゲスト(召喚される側)も白い霊体の発光が無くなります。指輪をつける事で侵入者にどちらがホストなのかを迷わせる効果があります。ホストの場合も火の力の体のエフェクトが消えるので、ホストとゲストの2人でつけるのがオススメです。白発光してる状態よりも確実に目立たなくなるので、場所や装備にもよりますが迷彩効果も期待できます。指輪はロンドールのユリアから5000ソウルで購入出来ます。

青教

ロスリック高壁の最初のボス「冷たい谷のボルド」がいる建物の反対側の協会のような建物にいるNPC「祭儀長エンマ」から貰えます。このアイテムを装備すると侵入された時に、「青の守護者」「暗月の剣」と契約した他のプレイヤーが救援として駆けつけてくれます。ゲームの序盤に契約出来るので、ゲームに慣れてない方に特にオススメの契約です。

誰でも出来る簡単なテクニック

侵入者との戦いで心得る事は一人では決して戦わない事が大切です。青霊や白と出来る限り共闘して戦う事を心得ましょう。相手を倒す事がすべてじゃありません。侵入者に諦めて帰って貰うのも作戦のひとつです。幼い白枝を使って何かに擬態して隠れる他にも、暗い偽りの指輪をつけてジェスチャーの丸くなるなど体を小さくするジェスチャーを使うと以外と気づかれなかったりする場合もあります。

まとめ

敵をやり過ごすならば上手く隠れて相手に帰って貰う。戦うならば一人では戦わず青や白と共闘しながら戦う。この二つを意識していれば侵入者に殺される事も少なくるはずです。今回紹介したアイテムも積極的に使っていきましょう。

今回はこのへんで終わりです。それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

KUMA

新しい刺激を求めてブログに挑戦。モットーは本音で語る事。役立つ情報をわかりやすく、丁寧な記事作成を心がけて日々更新してます。最近ハマっている事は押し入れの中で寝る事。OPENREC.tvでゲームのライブ配信もしてます。スマホから見る場合は"とわちゃん"で検索してください。