【住まいのダイエット】捨ててお金が増えるのか?物が多すぎて片付かない家族の挑戦!

片づけが苦手なのに、どんどん物が増えてどこからどう手をつけていいかわからない状態。空き部屋がどんどん物置として埋もれていきます。『家の中に物が多すぎて片付かない!』悩みを抱えた家族が専門家指導のもと『住まいのダイエット』に挑戦!快適な暮らしは取り戻せるのでしょうか?【2017/04/16(日)放送】【住まいのダイエット】

住まいのダイエットに挑戦!!

不要物がたまった贅肉だらけの住まいをプロのテクニックで綺麗に!!今回のダイエット挑戦者は稲山さん。シングルマザー子どもが5人を3つの仕事を掛け持ちして生活中。物であふれた和室を今回のコーチ『幸せ住空間セラピスト古堅さん』と住まいのダイエットに挑戦です。

和室のダイエット

今回の家族の1番の悩みは、6畳の和室。この部屋は6年前から物置部屋状態。今回のコーチ『幸せ住空間セラピスト古堅さん』はどんなアドバイスをしたのでしょうか?

現場を見たコーチは、和室がこのようになってしまった理由は、『和室入り口前のリビングにおいてあるソファー』このソファーが和室とリビングを分断してしまい、人の流れがわるくなった結果との診断。

今回のダイエットの作戦!

  • 荷物部屋の荷物を全部出して必要なものだけを戻す
  • リビングと和室をつなげ広々と使える空間に♪

★まず、ものすべてをとっぱらい、『いるもの』『いらないもの』を選別

荷物を外に出していくと、なんと12畳の駐車場が荷物でいっぱいに!

戦力外はなにか?

外に集めた荷物から、もう使わないモノを省き戦力外はなにか?をしわける。

古堅コーチのアドバイスした分け方はこちら

スタメン 普段よく使うもの
控え 月に数回使う
2軍 年に数回使う・シーズンオフ
戦力外 使わないモノ

綺麗に仕分けたら、スタメンから順に収納していきます。収納ポイントとして紹介されていたのは、押入れの中にハンガーラックを入れる収納法です。

キッチンのダイエット

問題の和室前ソファーが置いてあるリビングとひと続きになっているキッチンを見てコーチが『ひと続きになってるから、やるしかない!』とキッチンにも着手。コンロ前に立てない。使ってないフライパン大量。作業スペースがないキッチン。プロの収納法でどう変わるのか??和室と同様にすべてのものを出してから収納していくスタイル。

古堅式での今回のポイント

  • 食器は一人一個+予備が2個
  • ゴールデンゾーン(背丈から腰までの高さ)にスタメン入れる
  • 種類ではなく使用頻度で収納していく
  • 食器棚の奥行きがあるのでカゴにまとめてグループ収納

住まいのダイエットでお金が増える!?

今回の住まいのダイエット出た贅肉はなんと『960キロ!』

6年間物置状態だった部屋がテレビが見られる居間に!

みんなでトランプできるねと満足そう♪

なんと今回出た贅肉をリサイクル業者に買い取ってもらうのが古型式。

なんと合計で3万8千円になりました♪

住まいのダイエットをして、お金が増える!

我が家も早速取り組みたいとおもいます!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)