バチェラーに選ばれるのは蒼川愛【バチェラージャパン最終回予想】

とうとうバチェラージャパンも最終局面に突入!!前回、木村有希がバラをもらえず脱落ゆきぽよが、好きだったので残念;;これでとうとう盛り上げ担当キャラクターもいなくなって、決戦の時きたれり・・・残るは『柏原 歩』『蒼川愛』『古賀 あかね』『森田 紗英』誰がバチェラーに選ばれるのか大胆予想。

バチェラーってヤラセなの??って話

『ヤラセ』『台本がある!』とか大胆にタイトル打って、解説してくる奴が私は大嫌いだ。ある程度は誘導したり、シナリオを描いていかないと、本当に起こらない時は何も起こらないもの。例に出して話せば、地方局の番組など予算がないものは、ほんとにいい企画を立てられないと、ノンフィクションではほんとに何も起こらない。田舎でやっと見つけた野良犬を3時間追いかけて何も起こらない。日常そのものだった。これではただのリアル。どんなスタッフがリアルを表現したくても『出演者自身がみんなにみられてる自分を演出していくもの』でもそれでいいと思うの。バチェラージャパンは『リアリティショー』

『この子はアイドルだから名が売りたいだけだから、どうせ落とされる』

ネットでグルグルまわって情報かき集めて詮索するよりも、『どーん』と自分が観たこと。感じたことを楽しんで欲しい!!

もし自分が『台本だな~演技だな~』と思ったのなら、それも『上手いな~下手シナリオだな~』と楽しめばいい♪

リアリティーショー大好きな私はそう思うの。

でもね。

楽しみ方は人それぞれだから、否定はできないけどね。

そもそもバチェラーはバラを奪い合うゲームに過ぎない。

なんでこのゲームは男が一人なのかがすごく気になる。もしこの状態に自分がシナリオなしで参加したとすると、バチェラーへの想いよりも、他の女に負けたくない気持ちが先行してしまう。恋のバトルというよりも女の意地の戦い。『あの子には負けたくない!』と言う気持ち。その戦いで残った子がほんとにバチェラーに恋しているのかは、ほんとに謎。

つまりこれはバラを奪い合うゲームなのだ。

最終的に残るのは蒼川愛

まず、これだけは言いたい。あたしは『蒼川愛』はほんとに苦手なタイプな子。今までの放送内の彼女を見てきてそう思う。常に控えめに構えるスタイル。でも本当に心が弱くて自分から行けないタイプの子は、大事な局面でも行けなくてそんな自分にも落ち込んでしまうものだと私は思う。

でも彼女は違う。

それでいて少ない機会でも、タイミングを計ってかなり言葉を選んでバチェラーと話している。バチェラーを見つめる目アレはもう魔女級だね。裏表が一番ありそうなタイプで私は苦手かな。

でもさー、男の人ってこういう女の子好きになるんじゃないのかなー??

どうなんだろう。

ということで私のバチェラージャパン最終放送前予想は『蒼川愛』

さて結果が気になる~

 

 

【5月5日追記】

結果感想はこちら↓↓

久保さんが選んだのは『蒼川愛』バチェラージャパン最終回感想♪♪

2017.05.05

バチェラー2が気になる~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)