お風呂カフェ『bivouac』が凄い!スマステでも紹介された埼玉県熊谷の話題のオススメスポット!

最近漫画読んでないから、漫画読みたいなぁ。マンガ喫茶でも行こうか?でもせっかくの休みだし、お風呂にも入りたいな。近くのスーパー銭湯にでも行こうか?なんて事を考えながら最近話題になっているお風呂Cafeの事を思い出しました。

お風呂Cafeとは、経営不振で閉店した温浴施設などを改装してお風呂+Cafeをコンセプトに作られました。お洒落で漫画や本読みながらコーヒーやお酒が飲める、今までに無かった新しい温浴施設です。

そんな訳で熊谷にあるお風呂Cafe『bivouac(ビバーク)』に行って来ました。

木曜日と土曜日の二回、朝から夕方まで満喫しました。

平日と週末の混雑状況の違い、施設の紹介などをしていきます。

 お風呂カフェ『bivouac(ビバーク)』の場所とアクセス

 

お風呂カフェ『bivouac(ビバーク)』があるのは埼玉県熊谷市久保島。

最寄駅はJR高崎線「籠原駅」駅から徒歩で向かうとビバークまでは20分ほど。

熊谷駅などから無料のシャトルバスも運行されてます。(詳しい時刻などは公式サイトへ)

車で向かう場合は関越自動車道の東松山ICか花園ICから向かいます。

土曜日は車で向かいました高速出口から約25分ほどですね。

アウトドアをテーマにした贅沢で優雅な館内施設(1階)

 

一階でまず目に飛び込んでくるのはポンドソファと呼ばれる場所。

池のような窪みが何故か落ち着きます。まわりには沢山のファッション誌やアウトドア雑誌。

施設では沢山のボードゲームを貸し出しており、ここでは人生ゲームや、オセロなどを楽しむ人も沢山いました。

ここもそうなんですが、館内には至る所に電源コンセントがあり、無料Wi-Fiも完備されてます。

ノートパソコンを持ち込んで仕事をしたりする人も沢山いました。

館内にはデスクトップPCも設置されているので、こちらも追加料金無しで利用する事が出来ます。

 

ポンドソファの近くには高さ5メートルのボルダリングウォールがあります。

初心者講習会も定期的に開催していて、お風呂上りに実際に登っている人も沢山いました。

暖炉を囲んで休めるスペースもあります。

暖炉は飾りじゃなくてちゃんと本物、手を近づけると炎の暖かさが伝わります。

 

館内には本物のテントも!もちろん中で休んだり、漫画を読む事も出来ます。

bivouac』で使用されているテントやキャンプ用具の全ては、アウトドアする人なら誰でも知ってる有名メーカー『Snow Peak』製品を使っています。

テントの近くにはツリーハウス。中に入ると窓から全体を見渡せます。

まるで秘密基地みたいでワクワクしますね。

bivouac』の施設の中でも特にオススメしたいのがこのハンモックです。

ゆらゆらとした揺れが心地よくて気持ちいい。

ここで漫画を読んだり、昼寝をしたり、最高です。

もう本当に溶けますね。人を駄目にする空間です。

bivouac』に行った際は是非体験してください。

数は少ないですがワーキングエリアではパソコンも利用する事が出来ます。

挽きたてコーヒーやレモン水は何杯飲んでも無料

フリーコーヒースペース。

挽きたてのコーヒーが追加料金無しで何杯で飲めます。

挽きたてのコーヒーはやっぱり美味しいね。

ダイエットに効果的なレモン水も無料です。これも凄く美味しいです。

一階のカフェ&バー「okibi」ではお酒も飲めます。

お酒の種類も国産ウィスキー、ワイン、日本酒、ビールなど豊富です。

ピザやホットサンドなどの軽食も食べれます。

個人的には鹿のウィンナーがオススメですね。

 

漫画コーナー・休憩室・仮眠室などの館内施設(2階)

階段を上がると一万冊を超える漫画や雑誌が沢山あります。

電動マッサージチェアも『bivouac』ではすべて無料で利用できます。

他の施設は大体が有料なのでこれも嬉しいですね。

休憩室や仮眠室は、男女共有の部屋の他にも女性限定の部屋もしっかりとあります。

ステーキや手作りハンバーグなどが食べられるレストランコーナー

アウトド気分を味わえるテントやランプなどが設置されたお洒落なレストラン。

オムライスデミグラスソース、卵がふわふわです。

チキン南蛮プレート、タルタルソースが美味しい。

ハンバーグ。お肉はすごく柔らかいです。

平日限定でフリータイム+料理がついたパッケージプランもあります。

1980円でジュースもついてくるのでお得ですね。

お風呂カフェ『bivouac』のココが駄目!

お風呂カフェ『bivouac』は最高の癒し空間です。

だけどここだけはちょっと駄目だなー思うところもあります。

それはズバリお風呂です。

元々お風呂カフェ『bivouac』は2016年に閉店した「サイタマ健康ランド」を改装して出来た施設です。

その為、お風呂やシャワーなどの設備は結構古いままです。

更衣室やロッカーあたりもあまり手を入れてないですね。

お風呂を改装すると投資が膨らむ為、共用スペースに投資を集中させたとお風呂カフェの社長さんもインタビューで話されていました。

その分サービスを良く出来るという狙いは成功していると思います。

お風呂は露天風呂あり、炭酸泉、サロンなどもあり、広さもそれなりにあります。

なので駄目というほど駄目では無いんですが、他施設があまりにも綺麗でお洒落なんですよね。

更衣室に入ると別の施設に来たような違和感をどうしても感じてしまいました。

その分泥パックや自動マッサージチェアも無料ですべて利用する事が出来ます。

サービスは最高なのでお風呂は期待しすぎなければ楽しめると思います。

平日と週末の混雑状況

平日も週末も午前中はそれほど混んではいません。

平日は17時~21時がピークですね。でも席が無くなるほど混雑になる事はないと思います。

週末は12時を過ぎた頃から人が増えてきます。

日によっては14時頃には席が無くなるくらい混雑します。

土曜日は帰る人も少なくどんどん人が増えてくるイメージですね。

なので休日、週末は午前中にお風呂もすませてゆっくりするのがオススメです。

SmaSTATION!!「魅惑の埼玉混雑スポットSP」でも紹介されました

出掛けた日にはちょうどスマステーションが取材に来てました。

更に別の日には他のテレビ局が取材に・・・。

雑誌やテレビなどのメディアにも紹介されてるので今後更に人気になるのは間違いないですね。

お風呂カフェ『bivouac』の料金

フリータイム入館(館内着・タオル付き)10時~翌日9時(23時間営業)

利用料金 通常 会員 深夜
大人 1380円 1200円 +1200円
小人 690円 600円 利用不可

銭湯コース(館内着・タオル無し)11時~26時 (受付終了は26時)

利用時間 60分 90分 120分
大人 580円 780円 980円
小人 290円 390円 490円

小学生未満のお子様は利用できないので注意

お風呂カフェ『bivouac』は最高の癒しスポット

一日たっぷり遊べてこの料金はかなり安いですよね。

お風呂は少し古いですが、本当に最高の埼玉オススメスポットです。

週末はかなり混雑しますので朝から是非行ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

KUMA

新しい刺激を求めてブログに挑戦。モットーは本音で語る事。役立つ情報をわかりやすく、丁寧な記事作成を心がけて日々更新してます。最近ハマっている事は押し入れの中で寝る事。OPENREC.tvでゲームのライブ配信もしてます。スマホから見る場合は"とわちゃん"で検索してください。