牧場生活RPG Stardew Valleyの紹介

牧場物語が大好きな作者が、一人で作り始めた牧場生活RPG『Stardew Valley』とはどんなゲームなのか?

PC版が2016年2月26日に発売されてから話題になり、最近まだベータ版になりますが日本語化出来るようになりました。(日本語化のやり方はこちら)発売から一年近く経った今でも多くのユーザーに評価されて、任天堂Switch版、PlayStation4版の発売も予定されている本作です。ゲームの見た目はどこか懐かしい、スーパーファミコンの頃のようなグラフィック。過去の牧場物語を好きな人には気に入るゲームです。

今回は『Stardew Valley』のSteamベータ版をプレイした感想を書いていきます。

『Stardew Valley』プレイ感想

『Stardew Valley(スターデューバレー)』の紹介動画(Xbox ON版)

ゲームはスタートから二週間程度(ゲーム内時間)プレイした感想です。

ゲームの雰囲気の参考にして下さい。

 

まずはキャラメイク。名前、牧場名、お気に入りの物、好きなペット、性別を決めます。肌の色、髪型、シャツ、装飾品はかなりの数があり、シャツだけで100種類以上。目の色や髪の色も細かくカスタマイズできます。牧場のまわりの土地も森が多い、水が多いなど選べます。

ストレスから会社をドロップアウトした主人公。

おじいさんが残した牧場を貰って、スターデューバレーで田舎暮らしを始めます。

牧場は最初荒れていますが、斧で木を伐り、カマで草を切り、ツルハシで石を砕いて土地を綺麗にしていきます。

土地を耕して作物を植えて水を上げます。作物の種類はかなりの種類があってそれぞれ育つスピードも違います。グラフィックもよく出来ていて少しずつ大きくなる芽に感動します。最初はお金がないので作物を育てながら出荷してお金を稼ぎ、また新しい種を買って育ててを繰り返していきます。

スターデューバレーの人達にプレゼントを送ったり、交流を深めながら少しずつ仲良くなっていきます。仲が深まってくるとイベントが発生したり、好きな相手と結婚する事も出来ます。

やれることは作物を育てる事だけじゃありません。

釣りや料理を楽しんだり、収集品を探したり集めたり、牛や鶏などの動物も育てる事もできます。

採掘場にはスライムなどのモンスターも出現するのでちょっとしたアクションも楽しめます。

『Stardew Valley』

ゲームのドットも音楽も、ものすごく良く出来ていて、多くのユーザーに評価されているのも頷けます。このクオリティで1480円の価格は安いですね。今後もマルチプレイなどの発展を予定しているStardew Valley。

公式日本語化も来て遊びやすくなった癒しの牧場ライフ。あなたも体験してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

KUMA

新しい刺激を求めてブログに挑戦。モットーは本音で語る事。役立つ情報をわかりやすく、丁寧な記事作成を心がけて日々更新してます。最近ハマっている事は押し入れの中で寝る事。OPENREC.tvでゲームのライブ配信もしてます。スマホから見る場合は"とわちゃん"で検索してください。