なんでもあるけど店長はいない・・100円ショップアルバイト体験談!

印象としてはいつも募集かけてる店が多い印象。仕事内容は難しいことはないが、店長は数店舗に1人体制で月に数回しか来ないためアルバイトだけで店舗をまわす状態。リーダーなどもいなかったため、お局さんやいじめもあり、すごく働きづらかったという印象です。

『100円ショップ店員』

職場までは自転車で30分ほど。田舎に引越ししたため、電車ではなく自転車通勤でした。掛け持ちで薬屋さんのバイトもしていました。

仕事の内容はこちら

  • レジ
  • 商品発注・品だし
  • 売り場つくり・管理

レジうちは当時商品の数をカウントするだけだったので、商品発注の際在庫を1つ1つ手で数えながらメモを取っていました。(これが結構大変でしたが)現在はバーコードでレジ入力してるので私のときとは違うと思いますが・・・

『過酷だったこと』

『店長がいない』

店長やリーダーがいない為、クレームや大量発注、新人教育もその場で対処しなくてはなりません。サボってる子や当り散らす人、色々いました。ホントに大変でした。月に数回店長がやってくると、売り場をチェックして、伝言してねと言って、とことんダメ出しをして帰る。これを伝えるのが私の仕事なんですが、ベテランの人に伝えると私に怒ってくるんですよね。そうなりますよね。コミュニケーションってむずかしいです。

サボってる子や当り散らす人、色々いました。ホントに大変でした。月に数回店長がやってくると、売り場をチェックして、伝言してねと言って、とことんダメ出しをして帰る。これを伝えるのが私の仕事なんですが、ベテランの人に伝えると私に怒ってくるんですよね。そうなりますよね。コミュニケーションってむずかしいです。

そこはまさに女の園。スタッフは全員女。いじめ、嫌がらせは日常でした。私が出勤すると一人で、大量の荷受をやっている人がいて、他の人は?と探すとみんなで固まって隠れてたり・・・。新しい店舗を作りに応援スタッフとして行くと、働いているあいだ中、声だししながらの作業。こんな研修もありました。

責任があるからこそ、楽しむ。

売り場を完全に任されているため、自由にポップや商品配置、商品発注ができました。これがおもしろい。いい売り場を作って写真をとって本社に報告すると、全国の店舗で真似をするよう指示書がきます。これが自分のアイディアだったら、とてもうれしいですよね。

店舗の売り場管理も、プラスチック、陶器、雑貨などなどジャンルごとに担当者が決まっているのですが、ここも天下統一のように店長の判断で、担当売り場が増えたり減ったり・・これもまたモチベーションました。

出勤してからの時間管理や在庫管理も任されているため、今日、いつ、何をするかは、自分で考えて行動する。時間管理や整理が、苦手な人も中にはいましたが、これを楽しんでやれると、かなり充実した職場です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)